ファイザー保有のバイアグラ特許期限

公式な発表はありませんが、バイアグラの通販開始には別の理由も考えられます。
それは、ファイザー保有のバイアグラ特許期限が切れる事と深く関係しています。
ファイザー保有のバイアグラ特許は、物質特許が2013年5月17日、用途特許が2014年5月13日で満了です。
新薬には特許があり、特許期間中は同じ有効成分、同じ効き目の薬を他の製薬会社は製造できない事になっています。
これは、新薬開発にかかる費用、期間を保護する為です。
しかし、特許期間を過ぎれば、他の製薬会社は独自に開発しなくても、その新薬と成分や品質が同じである事を証明するテストをクリアすれば、製造・販売する事ができます。
しかも、開発費がかかっていませんから、通常、新薬よりも安い価格で販売できます。
この新薬ではない後発の薬をジェネリック医薬品と呼びます。
ファイザーがバイアグラ通販開始に踏み切った理由は、ニセ物対策の一方で後に出現するであろうジェネリック医薬品対策であるとも考えられます。
ジェネリック医薬品が出現すれば訪れると推測できる販売の落ち込みを、いち早く対策をとる事で、できる限り少なくしようとしているのだと考えられるのです。