ED治療薬の決定版ともいえるのがバイアグラです。近年ではインドなどで生産されたジェネリック医薬品も出回っており、比較的簡単に入手できるようになっています。バイアグラの有効成分であるクエン酸シルデナフィルは、勃起時の陰茎から血液が流れ出ることを防ぐ作用があります。この成分の1錠あたりの含有量によって、25mg・50mg・100mgという3種類の製品があります。ただし日本で正式に購入できるのは、25mgと50mgの2種類だけです。
有効成分が多ければ、それだけ効果も高いのが普通です。しかし副作用の危険も大きく、顔の火照りや頭痛を感じる人が多くなっています。日本で100mgのバイアグラを購入できないのは、厚生労働省が副作用のほうを重視して、承認を与えていないためと考えられます。
ED治療薬を正式に購入するには医師の処方箋が必要です。しかし自分自身で使用する場合、1か月分に限っては、個人輸入しても違法ではありません。ですからバイアグラ100mg錠がどうしても欲しい場合は、通販サイトや代行業者を通して、個人輸入するという手段があります。
ただし個人輸入には、いくつかのリスクがあることを理解しておかなければなりません。まず偽物を買わされる危険があります。偽造品は素人が見ただけでは区別できないほど精巧なので、信頼できる業者を利用するぐらいしか対策がありません。また当然ながら、副作用が出た場合には誰にも責任を追及できません。併用してはいけない薬などもあるため、使用には十分な知識が必要で、できれば医師や薬剤師に相談したほうが良いでしょう。バイアグラの個人輸入と使用に関しては、あくまで自己責任で行なってください。