Author Archive: 谷本光彦


WEBSITE: http://tazakino.com/
自己紹介:東京都八王子の出身です。 現在は富士フイルムホールディングスにて勤務しております。 簡単な自己紹介をいたしますので、気が合いそうな方がいらしたらgoogle+をやっておりますので、そちらに一方頂ければ幸いです。 やっていたスポーツ ・柔道 ・剣道 好きな映画 ・マトリックス3部作 ・ショーシャンクの空 ・クレヨンしんちゃんシリーズ 好きな女優 ・仲間由紀恵 ・剛力彩芽

安全にバイアグラの個人輸入をしたい時

バイアグラは最初に出てきたED治療薬で、現在では多くの人が知っていて世界各国で利用されています。
日本国内では病院で処方してもらうか、海外医薬品の個人輸入を利用して入手する方法となっていますが、実際には医療費の節約などの為に個人輸入で入手する人が増えてきています。

ただ、バイアグラはとても人気が有る薬で、残念ですが偽物が出回っています。
偽物は全く見た目が違う物もありますが、見た目がそっくりな物もあり、手にするまでそれが偽物か本物か分かりません。
しかもバイアグラと言ってはいても、中身は全く違う成分となっている事もあります。
成分自体が違っている場合、その内容によっては健康被害を起こしてしまう可能性もあるので、安易に安いからと言って個人輸入を利用しては危険な場合も珍しくありません。

では、個人輸入を安全に利用する方法はあるのでしょうか。
まず一つ知っておくべき事は、信頼できる業者を利用するという事です。
一般的に個人輸入は輸入代行業者を利用するのですが、中には扱っているバイアグラの価格だけを見てどこの業者を利用するか決めてしまっている人も珍しくありません。
しかし重要なのは価格だけでなく、そこで扱われている医薬品の品質です。
出来るだけ安全に個人輸入をしたいと思ったら、正規品のみを扱っているという風にしている業者を利用する事、これが基本です。

また個人輸入をしたバイアグラを利用した後に副作用が強く出てしまった、なかなか効果が消えないと言ったトラブルが発生した場合は、迷わず医療機関に相談する事が重要です。
そういった安全対策を予め自分で行う事が、正しい形で海外医薬品の個人輸入をする上では必要な事となります。

自己責任で起きた泌尿器科の病気に対し健康を取り戻す

もし、異性と関係を持って、健康状態がおかしいと思えば、まず病院で(泌尿器科、産婦人科、小児科、皮膚科で検査が出来ます)検査を受けるべきです。
もし性感染症にかかっていれば病院では、すぐに治療をしてもらえます。
次が保健所です。
ここは、無料でHIVを中心に匿名で検査をしてくれますが、検査の日とか時間帯がきまっていますので、近くの保険所で問い合わせてみましょう。
3つ目は検査キットを使用する方法です。
検査に必要な器具が発売されており、自分の粘膜や血液を採取して検査機関に送ると、性病感染の検査をしてくれます。
病院へ行くような大げさな事をしたくない場合とか、誰にも知られず検査をしたい場合は、有効です。
この検査で陰性であればいいのですが、陽性となった場合は、当然治療が必要となります。
病院であれば泌尿器科で、すぐに治療を行ったくれますが、他の方法をとった場合も泌尿器科で治療を受ける事が一番安全な方法です。
自分の健康は、自分で守るべきです。
しかしながら、泌尿器科に通いづらい場合もあります。
そのような場合は、個人輸入でレボフロキサシン を手に入れる事が出来ます。
それを使用して治療を行う事が出来ますが、あくまでもその治療は自己責任となります。
最近は、性感染症に使用される抗生物質の耐性化が進んでいます。
1週間使用して、体健康状態がもとに戻ったと思っても、完全に感染症が治っていない場合もありますので、必ず再検査が必要です。
再検査で陽性となった場合は、出来るだけ早く泌尿器科で治療を受ける事が大切です。飲み薬ではなく注射薬で台頭してくれる場合もあります。
性感染症は、個人の問題(自己責任)ではおわりません。
必ずパートナーに感染をさせてしまいます。
健康状態がおかしいと思えば、自己責任の問題だけにせず、パートナーとともに治療を受けることが最善の方法です。

バイアグラ100mg錠を個人輸入する際の注意点

ED治療薬の決定版ともいえるのがバイアグラです。近年ではインドなどで生産されたジェネリック医薬品も出回っており、比較的簡単に入手できるようになっています。バイアグラの有効成分であるクエン酸シルデナフィルは、勃起時の陰茎から血液が流れ出ることを防ぐ作用があります。この成分の1錠あたりの含有量によって、25mg・50mg・100mgという3種類の製品があります。ただし日本で正式に購入できるのは、25mgと50mgの2種類だけです。
有効成分が多ければ、それだけ効果も高いのが普通です。しかし副作用の危険も大きく、顔の火照りや頭痛を感じる人が多くなっています。日本で100mgのバイアグラを購入できないのは、厚生労働省が副作用のほうを重視して、承認を与えていないためと考えられます。
ED治療薬を正式に購入するには医師の処方箋が必要です。しかし自分自身で使用する場合、1か月分に限っては、個人輸入しても違法ではありません。ですからバイアグラ100mg錠がどうしても欲しい場合は、通販サイトや代行業者を通して、個人輸入するという手段があります。
ただし個人輸入には、いくつかのリスクがあることを理解しておかなければなりません。まず偽物を買わされる危険があります。偽造品は素人が見ただけでは区別できないほど精巧なので、信頼できる業者を利用するぐらいしか対策がありません。また当然ながら、副作用が出た場合には誰にも責任を追及できません。併用してはいけない薬などもあるため、使用には十分な知識が必要で、できれば医師や薬剤師に相談したほうが良いでしょう。バイアグラの個人輸入と使用に関しては、あくまで自己責任で行なってください。

陰茎を大きくするジェネリックED治療薬の価格

バイアグラの主成分は「シルデナフィル」と呼ばれる成分です。これと同じ成分を主成分とする、バイアグラのジェネリックである「シルデナフィル50mgOD錠」が、近年高い人気を得るジェネリック新薬として注目されるようになってきています。
ご存知のとおり、バイアグラはかなり価格が高くついてしまうということで、なかなかED治療に踏み切れなかった男性も多いと思います。しかし「シルデナフィル50mgOD錠」は、ジェネリックである分、価格はだいぶ安く設定されていることが多いです。
しかも「シルデナフィル50mgOD錠」は、日本でもすでに許認可が下りているジェネリックED治療薬ですから、病院で処方することにも何の問題もありません。つまりそれだけ安全性が高い薬であるということになります。
もちろん、バイアグラ同様、陰茎を大きくするという効能についてはまったく問題ありません。
ただ、「シルデナフィル50mgOD錠」は保険適用外ですから、病院によって処方する際の価格が異なるというのが実際のところです。とはいえ、まずバイアグラと同等かそれ以上の価格で処方する病院は考えられませんので、バイアグラと同等の陰茎増大効果が見込めるのであれば、「シルデナフィル50mgOD錠」の利用価値は非常に高いと考えられます。
他にも、陰茎を増大する効果があるED治療薬はたくさんで回っていますが、やはり病院で処方される薬でない以上、非常にリスクが大きいということが考えられますので、ED治療薬は必ず病院で入手していただきたいと思います。
ちなみに「シルデナフィル50mgOD錠」もネット通販などで出回っていますが、当然それらのほとんどが安全性が確認できていないものですから、手を出さないほうが無難であるといえます。

ファイザー保有のバイアグラ特許期限

公式な発表はありませんが、バイアグラの通販開始には別の理由も考えられます。
それは、ファイザー保有のバイアグラ特許期限が切れる事と深く関係しています。
ファイザー保有のバイアグラ特許は、物質特許が2013年5月17日、用途特許が2014年5月13日で満了です。
新薬には特許があり、特許期間中は同じ有効成分、同じ効き目の薬を他の製薬会社は製造できない事になっています。
これは、新薬開発にかかる費用、期間を保護する為です。
しかし、特許期間を過ぎれば、他の製薬会社は独自に開発しなくても、その新薬と成分や品質が同じである事を証明するテストをクリアすれば、製造・販売する事ができます。
しかも、開発費がかかっていませんから、通常、新薬よりも安い価格で販売できます。
この新薬ではない後発の薬をジェネリック医薬品と呼びます。
ファイザーがバイアグラ通販開始に踏み切った理由は、ニセ物対策の一方で後に出現するであろうジェネリック医薬品対策であるとも考えられます。
ジェネリック医薬品が出現すれば訪れると推測できる販売の落ち込みを、いち早く対策をとる事で、できる限り少なくしようとしているのだと考えられるのです。

ファイザーがバイアグラ通販開始

勃起不全(ED)は、男性にとって深刻な悩みです。
その悩みを解決する薬がアメリカの製薬会社ファイザーが製造・販売するバイアグラです。
そもそもバイアグラは、狭心症の治療薬として1990年代前半に開発がスタートしました。
しかし、臨床試験中に勃起を促進する作用が認められた為、勃起不全の薬として販売される事となりました。
バイアグラは1998年にアメリカで販売が開始されると、すぐに「夢の薬」「画期的新薬」等と叫ばれ、話題となりました。
その情報は日本にもすぐに伝わり、日本でも大きな話題になりましたので、記憶している人は多くいるのではないかと思います。
そのバイアグラは、2013年5月より通販されています。
ファイザーがバイアグラ通販開始に踏み切った理由は、バイアグラのニセ物対策です。
ファイザーによれば、インターネットでバイアグラの売買を行っている業者は1万以上あるのですが、その中で合法的なサイトは僅か3%しかなく、インターネットで「buy Viagra」のキーワードで検索し、実際に検索上位の「オンライン薬局」からバイアグラを購入したところ、10件中、何と8件がニセ物だったそうです。
アメリカで2012年に押収されたニセ物のバイアグラの総額は約8300万ドル(日本円で約83億円)にものぼります。
しかも、ニセ物からは、殺鼠剤や道路用の塗料、床用のワックス、ホウ酸等が検出されたそうです。
こういった状況への対抗措置としてファイザーが講じたのが、バイアグラの通販という訳です。

粗悪品注意バイアグラの偽物品質

見た目が本物と全く区別のつかないほど精巧に出来たものも存在します。
専門家でも、パッと見ただけでは区別がつかないというような場合もあるのです。
中には本物のバイアグラだったとしても、有効期限の切れたものを販売していることもあります。
本物だから大丈夫だろうと、安易に服用するのは危険です。
薬というのは食品と同じで、時間が経てば劣化するのです。
劣化した薬は品質が代わり、効果が無いどころか重篤な副作用が現れることも否定できません。
近年ではこういった粗悪品が、色々なところで簡単に手に入るようになってきています。
ただそういった粗悪品を見抜くコツはあるのです。
例えば異常に安かったり、または具体的な製品名を出していなかったり等、少しでも違和感を感じさせる場合には、粗悪品の可能性が高くなります。
但し全てに当てはまるわけではないので、やはり最大の注意が必要です。
バイアグラを安全に服用するには、医師の診察と処方箋は欠かせないものなのです。
自己判断での服用は命にかかわる危険があるのです。

バイアグラとの併用注意すべき薬

EDで悩んでいる人の強い味方になってくれるのがバイアグラです。
これは病院に行って医師の診察を受け、処方箋を出してもらって初めて使用できる薬です。
しかも服用時には、しっかりと医師の指示に従うことが重要になります。
ですので安易に通販などで購入したり、自己判断で服用したりする事は、非常に危険な行為なのです。
というのも、バイアグラとの併用注意すべき薬というものがあるからなのです。
そもそもバイアグラというのは、基本的に血管を拡張させる働きのある成分が含まれています。
このため、一緒に服用すると大変危険な、命にもかかわる重大な症状が現れてしまう事があるのです。
特に血圧の薬や、狭心症の薬などは要注意です。
医師の許可が無い限り、絶対に併用してはいけません。
もしもEDで受診される以前にこういった薬を飲んでいたならば、必ず医師に申告しなければ危険です。
また粗悪な偽物のバイアグラにも注意が必要です。
今はインターネットで簡単に買えてしまうので、それを狙って粗悪なバイアグラが潜んでいる事が珍しくありません。
そういった粗悪品注意バイアグラの偽物品質というのは、最低ランクとしか言いようが無いほどに低いのです。
テレビのニュースや新聞等でも流れることがあるほどに、粗悪なバイアグラというのは不衛生な環境で生成されている事が殆どです。
また、品質管理のされていないアパートの一室で生成されているケースもあります。
そういった環境で作られたものには様々な混入物が混ざりこみ、本来の効果を打ち消すどころか、身体に害のある物質へと変化させてしまうことが多々あるのです。

ED治療薬の効果を損なわずに食事する方法

飯食う人々バイアグラの効果的な使用方法は、空腹時に服用することだとご説明しましたが、デートなどで食事をしなければならない場合には、コツがあります。
それは、空腹時に服用して食事の前にバイアグラを、身体に吸収させてしまえばいいのです。
そうすれば、食事をしても効果に影響はありません。
食前の30分から40分前にお薬を服用することをおすすめします。
作用時間は、服用してから最低5時間くらいは効果が続くので大丈夫です。
また他のED治療薬としてシアリスがあります。
シアリスは、2007年に認可された一番新しいタイプのED治療薬です。
バイアグラとは成分が大きく違い、長時間効果がジワジワと効く特徴にあるお薬です。
シアリスは、24時間から36時間という驚異的な効果持続時間があります。
また、食事の影響も受けにくいので、あっさりした軽めの食事であれば、食後にシアリスを服用されても問題ありません。
飲酒に関しては、アルコールの成分は、お薬の効果を下げるだけではなく、EDの原因となるものなので、EDにお悩みの方はお薬を服用しているからという以前に、なるべく過剰なアルコールの摂取を避けるようにした方が、賢明といえるでしょう。